The Fundraiser Luncheon at Le Bernardin
ファンドレイズ・ランチョン

The Fundraiser Luncheon at Le Bernardin for the Tibetan Community Center Project!
NYにチベタンコミュニティーセンターを設立するための、 ファンドレイズ・ランチョンをオーガナイズしました !

At the audience. I got very emotional. / ダライ・ラマ法王との謁見にて。

His Holiness the Dalai Lama arrived in New York, and I was so fortunate to be given an audience again at the hotel. I became very emotional this time because it had been quite a challenging six months preparing for a fund raiser luncheon for the Tibetan Community Center which the Office of Tibet had requested me to help organize. So, to me, meeting him was such a special reward.

NYにお着きになったダライ・ラマ法王との謁見の機会をまた与えていただきました。今回は特に感動してし泣いてしまった私。チベット政府から依頼され、チベタンコミュニティーセンター(学校)設立のためのベネフィットランチョンをオーガナイズして半年経ちましたが、それはそれはチャレンジングな経験だったので、ダライ・ラマとお会いできたことは最高のご褒美となったのです。

Chatted with Richard before my audience with HHDL. / ダライ・ラマとの謁見の時に、
リチャード・ギアと待ち合い室でおしゃべり


The special luncheon was held at Le Bernardin, one of the best restaurants in America. The celebrity chef owner Eric Ripert (photo) was so generous to host the entire luncheon. When I first asked him if he could collaborate with me to organize the luncheon he said to me, “Don’t worry, I will take care of it.” I was thrilled and it was such a great start! My friend, Champa (photo) and I worked so hard for 6 months to prepare for this big event. His Holiness totally supported this event and told us that it was so important to do this. There were some difficult moments, but his support inspired us to endure.

2010年5月22日土曜日、ランチョンはアメリカでトップのル・ベルナルダンで開催されました。以前から友人だったセレブシェフオーナー、エリック・リペール(写真)に相談すると、すぐに「全部僕に任せて」と言ってくれたのでした。彼は昔からダライ・ラマ法王の大ファンで仏教徒でもあるのです。チベット人の友人チャンパ(写真)にも協力してもらい、色々とたいへんな想いもしましたが、そのたびにダライ・ラマの言葉を思い出して乗り越えることができました。

セレブシェフ、エリック・リペール、チャンパさんと。

With a celebrity chef, Eric Ripert and my friend Champa. / セレブシェフ、エリック・リペール、チャンパさんと。

Eric’s talented assistants. / エリックの有能なアシスタントたち。

With the volunteer staffs. / ボランティアスタッフたちと。

Police dog checking for safety before the Dalai Lama’s arrival. / 法王が到着する前に会場をチェックする警察犬


Right after his teaching at the Radio City Music Hall the Dalai Lama arrived at the restaurant. 125 guests were already seated and patiently waiting for him. He gave a long and inspiring speech pointing out how important it is to maintain the Tibetan culture and language. It is vital to the preservation of the Tibetan identity to build the Tibetan Community Center where Tibetans can gather and maintain their unique culture and at which the Tibetan children can study their own language.

ラジオシティミュージックホールでのティーチングを終えてすぐにレストランにいらしたダライ・ラマ法王をすでに待っていたのは、125人の参加者ゲストの皆さん。法王様は、教育の重要さや、チベットの独特の文化や言葉を守って行くために、いかにこのセンターが大切かなど、非常にインスパイアされるお話を熱心に長い間されました。

8_hhdl_speech

Inspirational speech by the Dalai Lama. / 熱心に語るダライ・ラマ。

7_hhdl_guests

The Dalai Lama enjoying a conversation with guests. / ゲストたちと会話にはずむダライ・ラマ法王。

6_hhdl_table

The Dalai Lama’s table. / 法王のテーブル

11_sikkim_royals

With the Sikkim’s royal family and my husband Paul./ シッキムの王室家、旦那さんポールと。

10_chuck_friend

With Chuck Close./ 著名なアーティスト、チャック・クロースと。

9_rima_sakamoto

Renowned music composer, Ryuichi Sakamoto (The Last Emperor, Sheltering Sky, etc.) and his wife joined us, too. / 坂本龍一さんも素適な奥様と共に来てくださいました。


And, Chuck Close. It was such a pleasure to meet those wonderful creative artists who support the Tibet cause! Then, after some Q & A the Dalai Lama had to go back to the teaching. As he was leaving the restaurant we all lined up to greet him. I made sure that all the hard working backstage staff had a chance to meet him, too.

I encouraged my Tibetan friend who had made the video presentation to come forward so that he could greet His Holiness. He shyly did so, and as His Holiness saw him he came up to my friend and shook his hands!

Then His Holiness looked at me and said to me in Tibetan,

“You are the artist who draws beautiful drawings!”

What a gift that was. Thank you, His Holiness. We will build a center for 7,000 Tibetans in New York!

そしてコンテンポラリーアートのビッグスター、チャック・クロース。彼もダライ・ラマの大ファンで参加してくれました。このような素晴らしい芸術家たちがチベットを支援してくださっていることに感謝感激です!

ランチョンの最後、ダライ・ラマ法王がお帰りになる時、キッチンにいたスタッフたちにも外に出て来てもらいました。ダライ・ラマ法王はいつも、裏方で働く人たちにも挨拶をして下さるという気配りをしておられるからです。思いもよらぬ展開にキッチンスタッフも大喜びしてくれました。そして、ビデオプレゼンをした私のチベタンの友人も、出口あたりでモジモジしていたので、彼の背中を押してあげると、それを見たダライ・ラマは、彼の方へ寄って来て握手をしてくれたのでした。友人が感激していたのは言うまでもありません!そしてダライ・ラマは私の方へいらっしゃると、こうチベット語で言ってくださいました。

「貴女は美しい絵を描く画家ですね!」

これ以上に素晴らしい褒め言葉はありません。ありがとうございます、ヒズホーリネス!!!7千人いるNYのチベット人たちのためにセンター(学校)を建てますよ!